スキップしてメイン コンテンツに移動

夏のLTについて

さあ、夏本番!暑中見舞い申し上げます。外付けHDDが壊れてちょっとショックな筆者です。値段が心配・・・
自転車の買い替えがなかった分まだましだと思います。おまけに先に携帯の修理か機種変更もしたいです・・・

そんなネガティブなこと言わずに、今日は前回言えなかった夏のMeetupのLTのことで少し書かせていただきます。
夏のLTでの話は主に5つの基本柱で行きます。

<目次>
0.マーケットシェアーの比較

1.フィードバックの話

2.アクティべーたー向けであるWindows 10 GWの結果より

3.Windows 10 Mobileについて

4.これからのWindows 10は?私ならこうする!



0.マーケットシェアーの比較
  前回のMeetupの時とほぼWindowsは全世界で変わらない。
  今回初めてタブレットも調べてみたのだが、Windows Phoneはたったの3パーセント。以外にも林檎信者は少ない(日本では完全に林檎化しつつある) おい!#wpjpどうしましょう・・・ みなさんでどうすれば売れるのか知恵を出すしか・・・
  3か月間でOS別でみれば。Windows 7の状況は過半数を切った。最終日の駆け込み需要でどこまで動くかが微妙なところ。Windows 10は18%。サポート切れのWindows 8はわずかながらに残った形だ。ただ、Windows XPがいまだに動いてる・・・(1割)「ちょまど砲※」の炸裂により林檎の増え方には厳重警戒が必要。(でも実質増えてもしょうがない)
  5月のde:codeのセッションを見たが企業では今からWindows 7を入れるところも。早めにWindows 10の確実な検証を行わないと痛い目に遭う・・・

  ※参考リンク:http://www.netmarketshare.com/


1.フィードバックの話
  4月のMeetupの話を受け、フィードバックの方針を変更。同意できるものや同感なものについては賛成票を投じた。今後もうまくタイミング見計らい同意をしていく。(製品出荷後の3日より再開する見込みだ。 @jbtokiwa_mscommよりリンクを掲載。)
  夏の製品版でテクノロジーの進歩とともにOSが軽くなったという人もいる中で、旧世代のパソコンで稼働させてる人も中に入る。2015年~16年はIntelがプロセッサーを2度にわたり変更した。どのことも大きいと思われる。ただまだWindows 10に関しては少なくともエラーなどの報告も上がる。
  そんなこともあるので、次のUpdateでは機能追加:バグでいえばバグを優先的にさらにつぶすことを念頭に入れること、今一度Windows 10に磨きをかけなくてはならない部分はないか見る必要があると思う。



この部分に関しては、ほぼWindows 8とほぼ変わらないであろう。Windows 10に調和するような方法をぜひ見つけてほしい。(答えとしては、アクションセンターのタイル幅を利用することはまずは一番。)サインインのところについては視覚のような設定になればひとまず構わない。

さらには、Cortanaと継続してのチャットができるようになること、スタートメニューの選択肢を製品初版のものにするか、それとも7月Updateのものにするか選択できるといいと思う。(本当のよくは、Windows 7みたいに右側にショートカット関連を、左にはよく使うアプリを入れたほうがいいのを見越して、外部メーカーでそっくりさんなスタートメニューが出ているのっで、純正のものが出るといい。)
ここがさらにきれいになれば、Windows 10への移行も今一歩進むであろう。


2.アクティべーたー向けであるWindows 10 GWの結果より
  外で写真を撮る人へ。主にカメラを持ち始めた人へ。Windows 10はあなたの撮影をサポートしていることを忘れないでほしい。先日事故起こすアプリが日本国内で出たが、Windows 10のフォトアプリでは一眼などのRAWもサポートしている。大手メーカーのものなら大丈夫だ。容量は大きくなるかもしれないが、きれいな写真を残す意味ではぜひ標準のWindows 10だけでできるのでぜひ使ってもらいたい。


3.Windows 10 Mobileについて
  まだまだWindows 10Mobileは未熟です。ここは日本のAndroidメーカーを少し勉強してほしい。そこには、「シンプルモード」というものがある。現在のままで行くと個人と法人2台持ちした時のUI戸惑い等で習得に時間がかかるかもしれない。初期セットアップの際にモードの選択(簡単コース、あるいは今までの標準コース)ができるようになればいいことも一つだ。
  UWPアプリの落ちる頻度が高い。精度の高いアプリを作るよう各メーカーに依頼したい。厳しい審査になるかもしれないので。また、途中で落ちた時のログを報告できるようなシステムもほしい。と言いつつもまずはアプリの数だ。デベロッパーのみなさん~~Windows Phoneにアプリ恵みなさ~い。今からやる人はXamarinでどうぞ!!(無料ですから~~)
  そして、#wpjp売るためにはInsiderがパートナーとなって販売戦略や体験会などの公安をしてみてはどうだろうか。操作のコツを早くなれることができる若者からシェアを狙う。もちろん某氏のアプリ紹介であったアプリを入れてねw

4.これからのWindows 10は?私ならこうする!
  先ほどまでの項で述べてしまったこともあるが、まだまだ改善の余地があるのでしっかりと基礎固めと先進感を出してほしい。「未来につながるOS」であることを胸に。ローカライズの問題は専門家とともに解決していきましょう。どういう表記がわかりやすいかも投票で行う必要があります。
  また、各個人がWebサイトでも確認できる「Insider Portal」がほしいです。Hubの情報+αでの得点が確認できるように。素案はまた少し考えたいと思います。(主にグローバルではなく地域内での情報をメインに掲載してほしいと思っています)

Aniv Updateがきょうから出荷されます!メーカーPCはお盆明けかな… Insiderの同志は次のUpdateに向けて何か練っておきましょう!!

コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10の歴史を振り返ってみる

みなさんこんにちは。

今週は「de:code」があり、今回も盛りだくさんのセッションになっています。重なっていてかなり大変なので、後日の録画を楽しみにしております。(勿論キーノートはライブで見ます)

さて、7月29日に予定されているWindows 10のUpdateは「Anniversary Update」といいます。 そのUpdateは発売から1年を祝うもので、またこれも大きく機能追加がなされようとしています。
そこで、今回は開発開始からここまでの「Windows 10」を見てみたいと思います。 あのー、今話題の「ちょまどさん」のあの ブログ をまねしたわけではございません!! こっちのほうが内容は大きいです!!

ただ、自分なりの主観などもあるかもしれないので、閲覧の際はお気を付けを!!

ポイントとしては、大きく進路変更がなされるのは、「記者会見か開発者会議」の時です。十分に注目してみてください!

また、この10関係の連載はこちらで随時時間のある時に再掲載しているので、こちらもご覧ください。(ブログ更新時にこちらのリンクへたどれるようにしておきます。)

オリジナルページ:http://shutokenrepoort.is-mine.net/rensai/win10/win10-001.html(一回目の記事へリンクしております)

もしWindows 10がなければ Windows 8を自分で見たのは高校1年の終わりの春休み前日でした。(その時は先に帰った人に駅の指定席券売機で座席照会を電話で頼んだことも・・・)その日は、学校の近場にショッピングセンターがオープンしたので、終業式であったので行ってみることにしました。

まあ行ったのはフードコート、模型屋をメインに一周はしましたね。家電量販店で立ち止まったときのことでした。このときのチラシで売り出されているのはほとんどが「Windows 8」。デモ機を触ってみると、かなりの操作感に戸惑いを感じたことが記憶にあります。まず、スタートメニューは?? なにこの全画面アプリ?? クラシックモードは?? という感じでした。

それをみて、「やはりWindows 7」という印象がかなり自分の中に入り込んでしまったのが印象深いです。学校の中でも、遅いけどWindows 7(大量のソフト積んでるのにメモリ2GB)、家に帰れ…

Nikon Coolpix B700レビュー @鉄道編

だいぶ晴れの日や暖かくなる日が多くなりました。しかし、大気の状態が夕方には不安定になる日が多発していますね。となると夜の車の運転はかなり怖く、先日は法定速度-10Km/hで走った(夜かつ大雨)のですが、隣に親を乗せていると「下手くそ」とか「とろくさい」と言われています。しかし、ここは安全のため。
今は車庫入れと複数車線の走り方がまだまだですので、行く機会があるときはしっかりと学んでいきたいと思います。

それはさておき、今週金曜日に東武鉄道がダイヤ改正するようです。今回の目玉は何といっても新型特急「リバティ」運転開始と、6050型の浅草口撤退です。てなわけで、新型カメラを使ってのレビューをジャンルを絞って書いていきます。

まず、6050の結果というと・・・ 少々不満な形でした。というのも、印刷した時刻表を忘れたおかげで散々な羽目になったのです。。。区間快速の時間は忘れるは所要時間はわからない。。。
んでも初めてフル形式で撮ったのはいい記念になったと思います。



下りで2本来てたのに・・・
さらにはリバティも来ていたので、これもまた大事件。新型特急の時刻も分かればまた改正後に行ければいいなと思っています。

そのほか、急行や回送などを取って、夕方にはアイスクリームのプレゼントをもらって帰宅しました。

久しぶりに大量にカードの容量を使ったな・・・って
まあ、夕ラッシュの輸送障害を除いてね

直ったぞ!Xamarin!~環境が変に壊れたときの修復方法~

こんにちは。
Xamarin初心者というかはじめる際には環境構築が結構大変だと言ってますが、実は私も別のわなにはまってしまってました。
しかし、環境を直すことに成功したので、今回その手法などについて書いていきたいと思います。

トラブルの内容:Visual Studio 2015の設定項目の中にある「Xamarin」をクリックすると、「このページを読み込む際にエラーが生じました」と表示される。この影響でプロジェクトがWindows系以外作成できなくなってしまう。

ずっと悩んでいて検索かけてもこの手法はあまり見当たらない・・・ということでハッシュつけて聞いてみました。ひとまずXamarinを抜こうとトライ。
抜き方(アンインストール)についてはこちらを参考にさせていただきました。

https://www.xlsoft.com/jp/products/xamarin/uninstall_from_vs.html(エクセルソフト:Visual Studio から Xamarin を完全アンインストール)

コントロールパネルからアンインストールしても、フォルダ系は残っていますので、確実に削除という方法をとりました。

その後、Xamarinの公式サイトからXamarinアカウントを作ることにしました。
アカウントを作成する際のパスワードの制限がかなり強くなっているので忘れないことが重要。
12文字以上で記号をつけろ?とのことでした。

アカウントを作成し、トップから“Dashboard”をクリックすると、下のような画像のページに。(初期はコンピューターとの連携の画面が出てきます。)

最初にコンピューターの連携が出てしまった場合は、上の“Downloads”をクリックして上記の画像のページに飛んでください。
余談ですがマーカーされているところは旧バージョンの話だと思うのですが、今回はそこは無視でいけました。もし必要ならばクリックしてやってください。

話を戻し、最新のでよいというなら次のマークしている部分をクリックしてください。すると、ひょっこりと出てきます。
私はこの中の“Xamarin.iOS”のWindows版を選びました。
すると、どのインストーラーにしますか的な質問が飛んでくるので、下の赤枠のところをクリック。

msiファイルをダウンロードしますので実行してください。(…