スキップしてメイン コンテンツに移動

Xamarinを普及させてみる

皆さんお疲れ様です。
7月8日はXamarin布教のために渋谷のレバレジーズ株式会社でハンズオンメンターとして参加してきました。
今回も「Xamarin Dev Days Tokyo」で使われた教材を利用するため、せっかくの機会としてメンターをさせていただきました。

そこで今日のメンターとしてのまとめなどを書いていければと思います。
1.Androidエミュレーターについて
Androidエミュレーターに関しては、基本的には重いです。Xamarinという重い開発ツールを利用するにはそれに応じたスペックのPCが必要です。HDDでのXamarin構築は趣味でやり、時間はかかってもいいという人のみお勧めします。Xamarin使いであるなら最低でもSSDが必要です。また、エミュレーターの環境は求められる時代により急変します。現在はキャリア販売では大容量メモリでの提供が行われているので、それに合わせてPCも大容量にしないといけません。
物理的な面はそこにしつつ、ソフト面ではエミュ構成がネックになってきます。
自分の普段使いPCはHyper-Vが入っているので、Hyper-Vに合わせたエミュレータ環境を構築しています。ここでのポイントはネットワークスイッチをいろいろ設定しすぎて複雑化してしまい、やっていくうちにどれがどれだかわからなくなってしまうところも問題でゃないかと思います。
まだテストマシンにどんなエミュ環境を入れるというのは考えていません。どうやら軽いものもあるみたいで、そっちを検討させていただきたいと思います。

2.壁を超えるのが大きい
今回のConnpassをみてて思ったのが、「PC壊れる」という問題です。
確かにXamarinは重いです。そしてどこかの闇にはまって壊れるといった問題も起きます。そして、最初のビルドさえ通ってしまえば問題ないのですが、先ほど述べたエミュレーター設定などにも気を配らなくてはなりません。
そこをどうしようと悩んでいる人は是非ともUWPを入れてもらったほうがいいかもしれないということ。以外にもUWP、早く進んでしまうので。
今はUWPのSDK、アニバーサリーアップデート(14393)で十分だと思います。今回のハンズオンはそれで動くと思います。
もし今回モバイルが失敗したという人はローカルに落とせるUWPもお試しください。

3.んで今回は何をやったの?
今回は、Json系とクラウドのデータベースのアプリとしてのハンズオン教材を利用しました。
日本語訳資料教材はここにあげますのでトライしてみてください。

最後のデータベース、自分のでも可能ですがもし面白くしてみたい方はどこかのコードに「http://ytabuchispeakers.azurewebsites.net/」を入れてみてください。きっと何かが起こることでしょう。

といったところではないかと思っています。
残念ながらPC壊れてしまったという人も、このブログなどを参考に挑戦してみてください! では!!

コメント

このブログの人気の投稿

直ったぞ!Xamarin!~環境が変に壊れたときの修復方法~

こんにちは。
Xamarin初心者というかはじめる際には環境構築が結構大変だと言ってますが、実は私も別のわなにはまってしまってました。
しかし、環境を直すことに成功したので、今回その手法などについて書いていきたいと思います。

トラブルの内容:Visual Studio 2015の設定項目の中にある「Xamarin」をクリックすると、「このページを読み込む際にエラーが生じました」と表示される。この影響でプロジェクトがWindows系以外作成できなくなってしまう。

ずっと悩んでいて検索かけてもこの手法はあまり見当たらない・・・ということでハッシュつけて聞いてみました。ひとまずXamarinを抜こうとトライ。
抜き方(アンインストール)についてはこちらを参考にさせていただきました。

https://www.xlsoft.com/jp/products/xamarin/uninstall_from_vs.html(エクセルソフト:Visual Studio から Xamarin を完全アンインストール)

コントロールパネルからアンインストールしても、フォルダ系は残っていますので、確実に削除という方法をとりました。

その後、Xamarinの公式サイトからXamarinアカウントを作ることにしました。
アカウントを作成する際のパスワードの制限がかなり強くなっているので忘れないことが重要。
12文字以上で記号をつけろ?とのことでした。

アカウントを作成し、トップから“Dashboard”をクリックすると、下のような画像のページに。(初期はコンピューターとの連携の画面が出てきます。)

最初にコンピューターの連携が出てしまった場合は、上の“Downloads”をクリックして上記の画像のページに飛んでください。
余談ですがマーカーされているところは旧バージョンの話だと思うのですが、今回はそこは無視でいけました。もし必要ならばクリックしてやってください。

話を戻し、最新のでよいというなら次のマークしている部分をクリックしてください。すると、ひょっこりと出てきます。
私はこの中の“Xamarin.iOS”のWindows版を選びました。
すると、どのインストーラーにしますか的な質問が飛んでくるので、下の赤枠のところをクリック。

msiファイルをダウンロードしますので実行してください。(…

Windows 10の歴史を振り返ってみる

みなさんこんにちは。

今週は「de:code」があり、今回も盛りだくさんのセッションになっています。重なっていてかなり大変なので、後日の録画を楽しみにしております。(勿論キーノートはライブで見ます)

さて、7月29日に予定されているWindows 10のUpdateは「Anniversary Update」といいます。 そのUpdateは発売から1年を祝うもので、またこれも大きく機能追加がなされようとしています。
そこで、今回は開発開始からここまでの「Windows 10」を見てみたいと思います。 あのー、今話題の「ちょまどさん」のあの ブログ をまねしたわけではございません!! こっちのほうが内容は大きいです!!

ただ、自分なりの主観などもあるかもしれないので、閲覧の際はお気を付けを!!

ポイントとしては、大きく進路変更がなされるのは、「記者会見か開発者会議」の時です。十分に注目してみてください!

また、この10関係の連載はこちらで随時時間のある時に再掲載しているので、こちらもご覧ください。(ブログ更新時にこちらのリンクへたどれるようにしておきます。)

オリジナルページ:http://shutokenrepoort.is-mine.net/rensai/win10/win10-001.html(一回目の記事へリンクしております)

もしWindows 10がなければ Windows 8を自分で見たのは高校1年の終わりの春休み前日でした。(その時は先に帰った人に駅の指定席券売機で座席照会を電話で頼んだことも・・・)その日は、学校の近場にショッピングセンターがオープンしたので、終業式であったので行ってみることにしました。

まあ行ったのはフードコート、模型屋をメインに一周はしましたね。家電量販店で立ち止まったときのことでした。このときのチラシで売り出されているのはほとんどが「Windows 8」。デモ機を触ってみると、かなりの操作感に戸惑いを感じたことが記憶にあります。まず、スタートメニューは?? なにこの全画面アプリ?? クラシックモードは?? という感じでした。

それをみて、「やはりWindows 7」という印象がかなり自分の中に入り込んでしまったのが印象深いです。学校の中でも、遅いけどWindows 7(大量のソフト積んでるのにメモリ2GB)、家に帰れ…

Nikon Coolpix B700レビュー @鉄道編

だいぶ晴れの日や暖かくなる日が多くなりました。しかし、大気の状態が夕方には不安定になる日が多発していますね。となると夜の車の運転はかなり怖く、先日は法定速度-10Km/hで走った(夜かつ大雨)のですが、隣に親を乗せていると「下手くそ」とか「とろくさい」と言われています。しかし、ここは安全のため。
今は車庫入れと複数車線の走り方がまだまだですので、行く機会があるときはしっかりと学んでいきたいと思います。

それはさておき、今週金曜日に東武鉄道がダイヤ改正するようです。今回の目玉は何といっても新型特急「リバティ」運転開始と、6050型の浅草口撤退です。てなわけで、新型カメラを使ってのレビューをジャンルを絞って書いていきます。

まず、6050の結果というと・・・ 少々不満な形でした。というのも、印刷した時刻表を忘れたおかげで散々な羽目になったのです。。。区間快速の時間は忘れるは所要時間はわからない。。。
んでも初めてフル形式で撮ったのはいい記念になったと思います。



下りで2本来てたのに・・・
さらにはリバティも来ていたので、これもまた大事件。新型特急の時刻も分かればまた改正後に行ければいいなと思っています。

そのほか、急行や回送などを取って、夕方にはアイスクリームのプレゼントをもらって帰宅しました。

久しぶりに大量にカードの容量を使ったな・・・って
まあ、夕ラッシュの輸送障害を除いてね