スキップしてメイン コンテンツに移動

2016年の“My” #wpjp について

~この投稿は“Windows 10 Mobile / Windows Phone Advent Calendar 2016”としてお送りします。~

2016年のWindowsにおいては、メインのPC分野でいえばプロセッサーがらみでの旧OSのサポートについて一時もめ、Insider Meetupがあったり、無償アップグレードの祭典がついに終わりました。
PCのほうではAniv Updateで現代の“2in1”デバイスへあわせていくように手書きの部分で大幅な改良が施されました。一方でバッチ当ての作業において苦心された印象も見受けられます。

では、今回のカレンダーのテーマである“Mobile”、いったいどんな年だったのかをちょっと振り返ってみたいと思います。

1. 情報サイトの登場

皆さんおなじみ“Life with Windows 10 Mobile”サイトが誕生しました。新商品が出るとさっとレビューがあったりニュースの情報を特化してまとめられるサイト。当然レスポンシブ対応ですので、Windows 10 Mobileの端末でも無難に閲覧することが可能です。たまに高級機なんかはこのサイトでイメージしたりするんですけどねw

2. KDDI対応端末のデビュー

今までWindows 10 Mobileについてはほとんどがドコモの電波を利用する格安SIMが多かったと思います。しかし、ほかの回線についてはあまり利用できないということがあり、他プラットフォームに乗り換える人もいる中、Androidでは標準の高音質通話「VoLTE」に対応してHPさんから登場してくれました。
「VoLTE」に関しては相互に対応している端末でないと効果は発揮しないという条件。そこにWindows 10が対応してくるというのはびっくりだということに驚きました。(なお、その分お値段が・・・)

3. 安定のNuans、カバー自作?

ミドルスペックでオタのベーシック機である“Nuans Neo”。アクセサリメーカーが携帯を!?ということでびっくりしたのですが、ケースを今度は3Dで作れてしまうことをしたそうです。メインはほかのアクセサリメーカー(車関連など)向けだそうですが、だれか、そのデーターでなんか作ったという人がいらっしゃれば、お知らせくださいw
ちなみに、グッドデザイン賞を受賞したようで・・・ 広まればいいんですけどね・・・


4. あと足りないものは??

Radikoに似たアプリなど、和製のアプリの投入が地道ではありますが、順次追加されているようです。その中でもすごいと思ったのは、Instagram。iOSからのコード移植で展開をしたとされています。パソコンでもUWPに対応し、幅が広がっているようです。
んでも和製ゲームが少ないです・・・ 何とかほしいところ・・・(デ○ステ、ラ○ライブ!、ツ○ツムなど・・・)


5. My Windows 10 Mobile

ここからが本題です。
自分は今まではVSのエミュレーターなどでいろいろいじくり、ふふん、こんなものかと思っていました。
しかし、手にとって見たいと購入したのがFREETELのKATANA02です。

なんで01でもなく02なのか?それはAndroidで持っているRAMが2GBだったためです。単なる理由です。
しかし現実はそうあまくはありませんでした。誕プレで買った端末は、茨の道を歩くものだったと思います。
プライベートの端末ではいまや便利なクラウド変換や新語変換といったものが搭載されるアプリもありますが、10mにはそういったものは一切なし。また、フリック入力の位置も違ったので慣れるまで1からの苦心でした。
一時妹(JK)に貸したときもありまして、返された後に感想を聞いてみると、「これはスマートフォンではなくパソコンだ」といわれてしまいました。すごくショックでした・・・ここに日本人固有の「画一性」というものが出てきてしまうんだなと・・・
基本的に電話やメールなどは当たり前のようにできますので基本的な部分に関して問題のない人についてはいいのだと思います。(自分としては親に勧めたい・・・)

パソコンとの調和がさらにはかれればいい、僕はそう思っています・・・(Windows 10 Mobileに助けられたことも少なからずあったので感謝しています・・・)

まあしいて言うなら、一括導入にコストがそんなにかからないよというとこだけいっておきます!
Softbankさん、一言だけ言わせてください。 どうか、アキバ限定で一般にもWindows 10 Mobileの機種変扱ってください!!

ってなわけで、自分の壁紙をドーンと

といってあまり設定変えてませーン!!!若いからか、「変える前に慣れろ!」っていう感じですねw


6. 2017年のWindows 10 Mobileについて

思わずPCにまた目が行ってしまう「Creators Update」。携帯のほうでもいっそうの進化をしてほしいと思います。
今はOffice Remoteでプレゼンテーションのリモコン代わりになりましたが、先日見せてもらったSurface Dialのように、何かしらのツールの補助となる機能が入るとうれしいです。
それと、文字入力やブラウザ環境に関してPCとの同期や同機能にするといったより使いやすく、より受け入れやすいような水準への引き上げなどがなされるといいなと思っています。

シェア率がかなり悪い端末ではありますが、持っているごく少数の人たちでも盛り上がって更なる拡大のためのアイディアを出し合える2017年になれればと思っています。
まずは、今、モバイルストアにおいて何のアプリが求められているかを再確認していければと思っています。それと同時にエミュ環境でIP入れて、頻繁にフィードバックを見られればと思っています。。。

長くなりましたが私の記事はここまで、そして一般の部終了となります。
明日のおおとりは@shinoblogavi 大先生です! よろしくお願いします!!

※ もしこれからWindows 10 Mobileを使ってみたい人やWindows 10 Mobileってどんなの?という方がいらっしゃいましたら、こちらをご覧ください。(だいぶ詳しく載ってあります)

では、よい年をお迎えください!!

コメント

このブログの人気の投稿

Windows 10の歴史を振り返ってみる

みなさんこんにちは。

今週は「de:code」があり、今回も盛りだくさんのセッションになっています。重なっていてかなり大変なので、後日の録画を楽しみにしております。(勿論キーノートはライブで見ます)

さて、7月29日に予定されているWindows 10のUpdateは「Anniversary Update」といいます。 そのUpdateは発売から1年を祝うもので、またこれも大きく機能追加がなされようとしています。
そこで、今回は開発開始からここまでの「Windows 10」を見てみたいと思います。 あのー、今話題の「ちょまどさん」のあの ブログ をまねしたわけではございません!! こっちのほうが内容は大きいです!!

ただ、自分なりの主観などもあるかもしれないので、閲覧の際はお気を付けを!!

ポイントとしては、大きく進路変更がなされるのは、「記者会見か開発者会議」の時です。十分に注目してみてください!

また、この10関係の連載はこちらで随時時間のある時に再掲載しているので、こちらもご覧ください。(ブログ更新時にこちらのリンクへたどれるようにしておきます。)

オリジナルページ:http://shutokenrepoort.is-mine.net/rensai/win10/win10-001.html(一回目の記事へリンクしております)

もしWindows 10がなければ Windows 8を自分で見たのは高校1年の終わりの春休み前日でした。(その時は先に帰った人に駅の指定席券売機で座席照会を電話で頼んだことも・・・)その日は、学校の近場にショッピングセンターがオープンしたので、終業式であったので行ってみることにしました。

まあ行ったのはフードコート、模型屋をメインに一周はしましたね。家電量販店で立ち止まったときのことでした。このときのチラシで売り出されているのはほとんどが「Windows 8」。デモ機を触ってみると、かなりの操作感に戸惑いを感じたことが記憶にあります。まず、スタートメニューは?? なにこの全画面アプリ?? クラシックモードは?? という感じでした。

それをみて、「やはりWindows 7」という印象がかなり自分の中に入り込んでしまったのが印象深いです。学校の中でも、遅いけどWindows 7(大量のソフト積んでるのにメモリ2GB)、家に帰れ…

直ったぞ!Xamarin!~環境が変に壊れたときの修復方法~

こんにちは。
Xamarin初心者というかはじめる際には環境構築が結構大変だと言ってますが、実は私も別のわなにはまってしまってました。
しかし、環境を直すことに成功したので、今回その手法などについて書いていきたいと思います。

トラブルの内容:Visual Studio 2015の設定項目の中にある「Xamarin」をクリックすると、「このページを読み込む際にエラーが生じました」と表示される。この影響でプロジェクトがWindows系以外作成できなくなってしまう。

ずっと悩んでいて検索かけてもこの手法はあまり見当たらない・・・ということでハッシュつけて聞いてみました。ひとまずXamarinを抜こうとトライ。
抜き方(アンインストール)についてはこちらを参考にさせていただきました。

https://www.xlsoft.com/jp/products/xamarin/uninstall_from_vs.html(エクセルソフト:Visual Studio から Xamarin を完全アンインストール)

コントロールパネルからアンインストールしても、フォルダ系は残っていますので、確実に削除という方法をとりました。

その後、Xamarinの公式サイトからXamarinアカウントを作ることにしました。
アカウントを作成する際のパスワードの制限がかなり強くなっているので忘れないことが重要。
12文字以上で記号をつけろ?とのことでした。

アカウントを作成し、トップから“Dashboard”をクリックすると、下のような画像のページに。(初期はコンピューターとの連携の画面が出てきます。)

最初にコンピューターの連携が出てしまった場合は、上の“Downloads”をクリックして上記の画像のページに飛んでください。
余談ですがマーカーされているところは旧バージョンの話だと思うのですが、今回はそこは無視でいけました。もし必要ならばクリックしてやってください。

話を戻し、最新のでよいというなら次のマークしている部分をクリックしてください。すると、ひょっこりと出てきます。
私はこの中の“Xamarin.iOS”のWindows版を選びました。
すると、どのインストーラーにしますか的な質問が飛んでくるので、下の赤枠のところをクリック。

msiファイルをダウンロードしますので実行してください。(…